Came Back MordecaiMt.Fuji,Hawk and Aubergine

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
2010 年間ブックレビュー 14:29

昨年読んだ本の感想です。ときどき「今年」と出てきますが「去年」と置き換えて読んでください。もう直すのとかめんどい。

  • 『坂の上の雲』〈3〜8巻〉 司馬遼太郎(著)
    明治。徳川幕府は倒れ、近代国家を掲げた新政府が誕生し新しい日本は生まれた。そうして生まれたばかりの日本を本当の意味で自立させた濃密な期間だったように思う。はっきりと言えるのは日露戦争で、もし仮に日本が敗戦をしていたら明治という時代はほとんど30年ほどしか無かったであろうし、同時にそれはこの国の消滅を意味した。まさに日露戦争とは民族の存亡を賭けた戦争であったわけである。
    子規の死から、日露戦争突入、203高地、日本海海戦、終戦までの3巻から最終巻。
    今年はほとんどこれしか読んでないけれど、明治時代初期、日清、日露戦争を秋山兄弟、正岡子規、等と共に過ごした様な感覚を得られた事は何にも代え難い読書体験だった。
    この国がもっとも困難だった時代に命を削り眩しく輝いていた人々に、時代を超えて是非触れて欲しい。
  • 『ジョーカー・ゲーム』 柳広司(著)
    大日本帝国陸軍 D機関(スパイ養成所) 第二次世界大戦時、暗躍した日本人スパイ達の物語。スパイミステリー。
    5話収録される短編集。面白いです。一気に読ませてくれます。続編「ダブル・ジョーカー」も期待。ちなみにフィクションです。
  • 『森に眠る魚』 角田光代(著)
    育児を通して出会った5人の母親達。嫉妬やねたみ。虚栄。
    今流行の女子会なんかはこういうどろどろしたのが根底にあるんじゃあないかと、ふとそんな想いが頭をよぎった。
    女子の団体っておっかない。でもいい匂いとかするんだよ!(きっと)
  • 『神様のカルテ』 夏川 草介(著)
    著者は現役のドクターなのかな?経歴には「長野県の病院にて地域医療に従事」とあるし。
    良いと思う。清々しくてちょっと泣けるし。お医者らしい、けれど嫌みの無い説得力には好感が持てた。ただ森見登美彦調でなくても良かった気がする。あと続編はただ2(ツー)が付いただけで、なんか惹かれない。
  • 『天地明察』 冲方丁(著)
    はいベスト来ました。今年のベストです。「吉川英治文学新人賞」「本屋大賞」ダブル受賞は伊達じゃあないね。
    江戸時代にあった暦法を改める事業、すなわち改暦事業の物語。史実。
    平たく言うと使ってるカレンダーに矛盾が生じて来たからちゃんと作り直そうよってハナシ。作り直すと言ってもまぁ簡単な作業ではないのだけれど、正直これほどまで胸が熱くなり心が震えるとは思わなかった。
    歴史小説ならではの読み辛さも無く、数学と囲碁を軸に物語が展開していく様が実に面白い。

続きます。

続きを読む >>
| 文中より抜粋 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by takk
2011あけましておめでとうございます。 11:40

EOS1V + EF85mm f1.8 USM + FUJICHROME PROVIA 400 X

ことし一年がみなさんにとって
よろこび、しあわせ、そしてすばらしい驚きで満たされますように。

| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by takk
年年歳歳 17:17
101226c0005blog.jpg

EOS1V + EF100mm macro f2.8 USM + FUJICHROME PROVIA400X

年末ですね。

| 写真 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by takk
<< | 3/168 | >>