Came Back MordecaiMt.Fuji,Hawk and Aubergine

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
サタン!サタン!サタン! 15:38
welcome to my life
「マトリックス」トリロジーのあとキアヌ・リーブスが選んだヒーロー「コンスタンティン」

予告をまず観て、キアヌ・リーブスって救世主とかワイヤーアクション好きね。などと思いつつも黒スーツと黒ネクタイで格闘する絵とかに何故か惹かれてしまう。決定的だったのが金ピカのショットガン(?)。カッコいいのか悪いのか非常にビミョーだけど、なんか強そげ。観ねば。

「手に入れた者は世界を制する」と言われた運命の槍。だがその槍の行方は第二次世界大戦以降不明とされていた。

ヘビースモーカーで末期の肺ガンを患い、神に命乞いをするその一方では神を軽視するエクソシスト(悪魔祓い専門の祈祷師)ジョン・コンスタンティン。
ある日、友人の神父からの依頼を受け、悪魔に取り憑かれた少女のもとへ赴いたコンスタンティンは、いつもの悪魔祓いの儀式の途中で、言い知れぬ恐怖を覚える。
すでに異変は起こりつつあった。


いきなり感想を言います。
おもしろい!!!
ここまで娯楽として映画を楽しめたのはひさかたぶり!観ていて純粋におもしろい作品です。

僕がもともとアンチヒーローが好きな部分もあるんでしょうか、主人公コンスタンティンの人間臭がたまらなく好きです。
コンスタンティンは“ある事情”が理由でやりたくもない悪魔祓いを生業とし、性格まで利己的な人間になってしまい、その性格故に神からも見放されてしまう。神に赦しを乞うための悪魔祓いなのだが、そのスタンスが逆に神に疎外されてしまっていた。そして彼も神を軽視してしまうという悪循環。負の永久機関を走らせるヒーローって事です。

そんなやさぐれエクソシストが天国と地獄のバランスが崩れ、人間界が悪魔の手に渡ってしまうという危機的な状況を回避するため立ち上がり、ついでに精神の成長も遂げてしまう。という、こう書くとまぁありがちな設定というか展開な映画なんですけれど、なかなかこれがおもしろい!!!

設定は天使VS悪魔なので聖書とかキリスト教(ユダヤ教?)がバックボーンとして存在してますが、そういう部分を知らないから楽しめないという事はないでしょう。まぁ知っていた方がよりエキサイトするってのは事実ですが。サタンとかマモンとかガブリエルとか。その関係とかね。でもそういうのって映画観た後でも興味があったら調べる程度でいいと思います。調べりゃちゃんと面白いし。


映画ってやっぱ決められた枠(時間)で、どれだけ観てる人を楽しませるかって重要じゃあないですか。で、楽しませる為の手段がCGだったりワイヤーアクションだったりストーリーだったりするワケなんですよ。だから大の大人がクレヨンしんちゃんで涙したってそりゃ全然アリなんですよ。その人にはその時間が充実した時間だったわけなんだから。

そんな部分で「コンスタンティン」は最高にエンターテインメントでしたワケですね。

ネットのそこここで「キアヌが救世主ばっかりやっていて、先行き不安・・・」などという書き込みがあったりします。僕も若干そんな感情もありましたが、この映画を観て思いました。そんなん本人にしてみたら余計なお世話だな。と。
2時間充分に僕を興奮させたキアヌ・リーブスは絶対偉大なんです。彼はもしかして自分のキャリアを積む事にはあまり重きを置いてなくて、真のエンターテインメント作品を生む事しか興味が今は無いのでは?だったらスゲーな。と、そんな印象すら感じたくらいです。僕って単純ですね。

ちなみにこの映画から得るものは特に無いです。皆無です。
その分、2時間は確実に楽しませてくれるハズです。
その潔さに拍手を送りたいですね。僕は。
DVD買います。

最後に今回の日記のタイトルですが、サタン(ルシファー)が非常に良かったです。サタン役はピーター・ストーメア。ファーゴで誘拐犯を演じた彼です。
彼がサタンをキュートで不気味に演じています。ちゃんとおっかない。

あ、ファーゴのDVDもさっさと買おう。
| 映画 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by takk
スポンサーサイト 15:38
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








なんだかオススメしまくるので、見ようという気になりましたよ。
なので本文斜め読み。

>>ちなみにこの映画から得るものは特に無いです。皆無です。

そういう映画って少しワクワクしちゃうよね。
エンタテイメントに関しては、何かが得られればいいとはあんまり思わないもんね。
決まった時間をいかに楽しませてくれるか、それだけでいいんですよ。
posted by わん | 2005/04/25 11:30 AM |
コメンツの少なさがこの映画への感心の少なさを物語ってますよね。
でも見てみて下さい。
おもしれっけ。
posted by たっくん。 | 2005/04/25 12:12 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mordecai.jugem.cc/trackback/203
<< NEW | TOP | OLD>>