Came Back MordecaiMt.Fuji,Hawk and Aubergine

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
トーリカジイッパーイ!! 00:57
小説『終戦のローレライ』は本当に凄かった。緻密な描写、ストーリーの展開と盛り上げ方。圧倒的な文章力は潜水艦という密室の汗臭さ、湿気、二酸化炭素過多な空気、三次元の戦闘などを存分に味わわせてくれた。間違いなく傑作だろう。

で、映画『ローレライ』。
小説『終戦のローレライ』が原作とされているが、小説の映画化ではないようです。パンフにも書いてありました。

って!
1945年8月 広島に最初の原爆が落とされた。窮地に立たされた日本軍最後の切り札はドイツ降伏後、極秘裏に接収した戦利潜水艦〈伊507〉。その艦は驚異的な戦闘能力を持ち、ライン川に棲む魔女になぞらえ“ローレライ”と呼ばれていた。
最後の希望、伊507は広島に続く本土への原爆投下阻止の任務を受ける。


物語は終戦間際、いかに条件の良い形で敗北を受け入れるかを思案し、いたずらに時間を費やす軍上層部と、それを良しとしない破滅的な敗北「国家の切腹」を望む浅倉大佐の単独作戦を軸に展開される。

浅倉は破滅からの再生によってのみ期待出来る真の日本の再建を願い伊507を送り出すが、それを知った絹見艦長以下乗組員は命令を拒否。彼らは敗戦を味わいながら、これからも生きてゆく若い世代とローレライに希望を託す。

小説の映画化には面白かった映画は無い。というのが僕のなかの定説です。(何度も言いますが、この映画は小説の映画化ではありませんけれど)それでも唯一、スティーブン・キングの「スタンドバイミー」は映画の方が少し良かったかも。まぁそれぐらい。

小説とは別物感覚を持って観たせいか、この映画はなかなか良かった。10点満点中、6.5点はあげられる。

マイナス3.5点の理由は、この映画の大きなウリの一つであるCGがいかんせんショボかった。いや、ショボい場面がいくつかあったと言った方が正確か。魚雷が命中し潜水艦が爆発する場面はいい出来だった。金属の裂けかたとか、誘爆の仕方とか。あと緊急浮上の場面もスゲーカッコ良かった。鳥肌たちましたもん。

そういうちゃんとイイ絵が作れるハズなのに、チラチラとプレステ並みの絵が出てしまうとかなり興ざめしてしまう。素人の自主制作映画じゃあないんだから、これはかなりのマイナスポイントだろう。残念だ。

あと気になったのは登場人物達の心情変化の素早さ。戦時中の日本男児とは思えない程素早い人が何人かいた。こういう部分が物語を薄く感じさせる大きな要因だと思う。本も映画もディティールをいかに緻密に描くかが深さとか重厚さに繋がると思うわけです。

良かった点。
役所広司、柳葉敏郎、ピエール瀧、國村隼の演技。役所広司はいわずもがなだけど、ピエールが良かった。主役は妻夫木君じゃあなくてもよかったな。
あ、あと紅一点の香椎由宇さんがかわいくってしょーがねーです。

一緒に観に行ったF子さんがまたポイントを上げてくれた。例によってあんまし理解してないF子さん。彼女の質問にいちいち答えてあげるのが最近ちょっと楽しい。

F子「ねぇねぇ。コレって神話?」(実話と言いたかったらしい)
僕「あー。実話だよ。大体ね。」(もちろんウソ)
F子「ギャーーーー!!マジでっ!!?ちょー凄いんだけどーーーー!!!!」

うーん。僕の想像を遥かに凌駕するリアクション。さすがだ。こいつは僕の期待を裏切らない。驚きの表情が非常にイイ。(ほれぼれ)
6.5点のうち4点くらいは彼女のおかげです。
| 映画 | comments(14) | trackbacks(0) | posted by takk
スポンサーサイト 00:57
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








実質2.5点だよな?
しかし今回は長いね。

そういやボクが中学ぐらいの時に深夜にやってた潜水艦映画がすんごくおもしろかった。
途中で寝てしまってタイトルもなんも憶えてないんだけど、あの映画なんだったんだろ?モノクロで潜水艦の上で日光浴とかしてました。
知ってる方がいたら教えて欲しいです。Uボートではないぞ。
posted by one | 2005/03/23 8:52 AM |
マメにこっちにもコメンツつける君にラヴです。

>>あの映画なんだったんだろ?

アレだ。Uボートだ。
posted by たっくん。 | 2005/03/23 9:45 AM |
>>あの映画なんだったんだろ?

アレだ。レッド・オクトーバーを追えだ。
しかしたっくん邦画をよく観るね〜。
posted by Mr.H | 2005/03/23 9:54 AM |
いや、ヤツはモノクロって言ってっけな。レッド・オクトーバーは違うね。

きっとデカ様のタイタニックじゃあないか?

最近邦画株が急上昇です。
良いものは良い。
posted by たっくん。 | 2005/03/23 10:43 AM |
どっちもはずれだな。
てか、当てる気感じられないし・・・・
posted by one | 2005/03/23 12:18 PM |
よかったなサンボマスター出るじゃん。
個人的にリサ・ローブは燃えるね。
posted by Mr.H | 2005/03/30 10:10 AM |
リサ・ローブ出演にコッソリ萌えてたのは僕だけじゃなかったんだね。
さすが心の友よ。
posted by たっくん。 | 2005/03/30 4:47 PM |
次は
posted by | 2005/03/30 11:34 PM |
ねたかち次は

 
posted by | 2005/03/30 11:39 PM |
名無しだけど、コメンツを二回にわけるトコロ。その呼び方。
だいたい見当はつくぞぅ。

もう少し落ち着いたら書きます。
今、少し忙しいのよ。
posted by たっくん。 | 2005/03/31 12:08 AM |
そういや、昨日サンボのPV結構見たんだけど、良いね。
ウチの団長は数年前からヘヴィーローテしてたっつーのがわかる感じ。
何言ってるかわからんけどw
YO-KINGが認める天才って事はありますな。
好きにはなれないけど...

今年はフジロックとクリケットかぶりませんように!!
posted by one | 2005/03/31 1:11 PM |
>今年はフジロックとクリケットかぶりませんように!!

oneはちゃんと今年のフジT作ってんのか?全然メールこんぞ?
相変わらず仕事が遅いな〜。トーリカジイッパーイで頼むよ&去年みたいなヌルイやつはダメだぞ。

>たっくん

映画の話という事で。昨日ビューティフルマインド観ました。アカデミー作品賞中、敬遠してる映画は多数(シカゴを筆頭に)あるのですがついに観ました。けっこう良いね。中学生以来、ジェニファーコネリーに再び恋できたし。「君がいて私がいる」って事でこれからの長い長い夫婦生活の参考になりました。
今度は邦画も是非、チャレンジしてみます。
posted by やん | 2005/04/01 11:26 AM |
ビューティフルマインド良いよね。
良い病み具合というかさ、あのころは立て続けにラッセルクロウウィークした気がする。

Tシャツねぇ...
キミらクリエーターなんだから自分で着たいヤツぐらいデザインしなさいよ。
ゴールデンウィーク明けまでは出来そうもない状況です、ボク。
posted by わん | 2005/04/01 12:35 PM |
おもかじいっぱい
posted by | 2005/04/02 10:02 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mordecai.jugem.cc/trackback/192
<< NEW | TOP | OLD>>