Came Back MordecaiMt.Fuji,Hawk and Aubergine

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
2010 年間ブックレビュー 14:29

昨年読んだ本の感想です。ときどき「今年」と出てきますが「去年」と置き換えて読んでください。もう直すのとかめんどい。

  • 『坂の上の雲』〈3〜8巻〉 司馬遼太郎(著)
    明治。徳川幕府は倒れ、近代国家を掲げた新政府が誕生し新しい日本は生まれた。そうして生まれたばかりの日本を本当の意味で自立させた濃密な期間だったように思う。はっきりと言えるのは日露戦争で、もし仮に日本が敗戦をしていたら明治という時代はほとんど30年ほどしか無かったであろうし、同時にそれはこの国の消滅を意味した。まさに日露戦争とは民族の存亡を賭けた戦争であったわけである。
    子規の死から、日露戦争突入、203高地、日本海海戦、終戦までの3巻から最終巻。
    今年はほとんどこれしか読んでないけれど、明治時代初期、日清、日露戦争を秋山兄弟、正岡子規、等と共に過ごした様な感覚を得られた事は何にも代え難い読書体験だった。
    この国がもっとも困難だった時代に命を削り眩しく輝いていた人々に、時代を超えて是非触れて欲しい。
  • 『ジョーカー・ゲーム』 柳広司(著)
    大日本帝国陸軍 D機関(スパイ養成所) 第二次世界大戦時、暗躍した日本人スパイ達の物語。スパイミステリー。
    5話収録される短編集。面白いです。一気に読ませてくれます。続編「ダブル・ジョーカー」も期待。ちなみにフィクションです。
  • 『森に眠る魚』 角田光代(著)
    育児を通して出会った5人の母親達。嫉妬やねたみ。虚栄。
    今流行の女子会なんかはこういうどろどろしたのが根底にあるんじゃあないかと、ふとそんな想いが頭をよぎった。
    女子の団体っておっかない。でもいい匂いとかするんだよ!(きっと)
  • 『神様のカルテ』 夏川 草介(著)
    著者は現役のドクターなのかな?経歴には「長野県の病院にて地域医療に従事」とあるし。
    良いと思う。清々しくてちょっと泣けるし。お医者らしい、けれど嫌みの無い説得力には好感が持てた。ただ森見登美彦調でなくても良かった気がする。あと続編はただ2(ツー)が付いただけで、なんか惹かれない。
  • 『天地明察』 冲方丁(著)
    はいベスト来ました。今年のベストです。「吉川英治文学新人賞」「本屋大賞」ダブル受賞は伊達じゃあないね。
    江戸時代にあった暦法を改める事業、すなわち改暦事業の物語。史実。
    平たく言うと使ってるカレンダーに矛盾が生じて来たからちゃんと作り直そうよってハナシ。作り直すと言ってもまぁ簡単な作業ではないのだけれど、正直これほどまで胸が熱くなり心が震えるとは思わなかった。
    歴史小説ならではの読み辛さも無く、数学と囲碁を軸に物語が展開していく様が実に面白い。

続きます。

続きを読む >>
| 文中より抜粋 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by takk
年末ブックレビュー。レビュー。〈後半〉 17:25

さて続きです。

  • 『アイズ』鈴木光司 著
    ホラーというよりも「ちょっと不思議な話」の短編集。まぁわざわざコレじゃなくても、鈴木光司は違うのをチョイスした方がいいと思います。
  • 『日本でいちばん大切にしたい会社』坂本光司 著
    ここに書いてある事が会社組織の常識になるなら、世の中はずっと良くなると思う。パラダイムシフトを期待したい。
  • 『学問』山田詠美 著
    女子側発信のこころと性の成長のハナシ。って書くとなんとなく生々しいけど、幼なじみ男女四人の青春の物語です。男子よりも女子に好感をもって受け入れられそうです。個人的には山田詠美を読むならコレじゃなくても…ってことになります。はい。
  • 『掏摸(スリ)』中村文則 著
    掏摸。読めませんね。スリです。
    天才的な掏摸の腕を持つ主人公。その腕を利用すべく再会を果たす「最悪の悪」木崎。「最悪」を前に掏摸師はどう切り抜けるか。
    「悪」の描き方が秀逸だったぶん、脇役の人達についてもう少し書いて欲しかった。十分面白かったけど。
  • 『福田君を殺して何になる―光市母子殺害事件の陥穽(かんせい)―』
    増田美智子 著

    事件発生から量刑確定まで9年。被害者とその遺族に対する反省や、罪にたいする後悔は確かに感じ取れる。また、9年間の精神的な成長は別人ではないかと思える程だ。が、だからといって僕は「死刑」が重すぎるとは思えない。本書を読んでタイトルどおりの結論や感情を抱く人は少ないのではないかと思うし、それはこの場合大きな問題ではないと思う。ただ少し残念なのは、著者の弁護団に対する愚痴が少し多すぎたかもしれない。
    最後にある本村洋さんのコメントがまったくの正論で、全てだと思う。
    「死刑」で解決整理できる部分はすごく少ない気がするのです。
  • 『贖罪』湊かなえ 著
    一方的な呪いの様な「罪」を背負わされて生きる四人の少女たちの物語。終わらない負の連鎖。この人の書く根暗な情熱と価値観は、迫力があるなぁ〜。最終章に蛇足感がある分「告白」の方が好きかな。
  • 『アフターダーク』村上春樹 著
    読んだ村上春樹の中ではベスト。もしかしたら「愛読書」の称号をあたえてもいいくらいに好きな一冊になってしまった。春樹の書くこういう雰囲気というか空気感がたまらない。
    深夜から朝方。都会の片隅で起こる不器用な人達の、事件とは呼べないほどの小さな出来事。そして希望の朝日はいずれ昇るのだ。

(・e・)(・e・)(・e・)


っというわけで、誰かが参考にしてくれたり本を読みたくなってくれたら幸せです。
読んでくれてありがとう。

…実は2012関連の本を2冊ほど読んでますが、ここでは割愛します。
興味がある人は個人的に訊いてくださいまし。

| 文中より抜粋 | comments(5) | trackbacks(0) | posted by takk
年末ブックレビュー。レビュー。 22:40

「今年!!」と言いたいところだけどちょっと把握してないので「たぶん今年で、たぶん下半期なんじゃないかなぁ」というくくりの本をまとめてレビュー。
年末年始に読む本の参考になれば幸いです。
あと、年賀状が残っているので欲しい人は、住所を思念かなんかで送ってください。きっと受信します。

過去に感想を述べてるものがあっても気にしないことー。

ちなみに、テレビを観る時間を減らすと一日の消費カロリーが増えるそうです。減らした時間に散歩とか運動をするんじゃあなくって、本を読んだりしてても消費カロリーは増えるのだそうな。
ね。グッと本が読みたくなったでしょ?

  • 『ヘヴン』川上未映子 著
    すべての現象には、様々な感じ方や見え方があるのに、いつも僕等は決まりきった意見や感情や解決策しか持たない場合が多い。観測地は無限にあるし、今見ている「世界」が唯一ではないのだ。
  • 『日々の考え』よしもとばなな 著
    エッセイです。
    気軽に読めるし、面白い。一番のエンターテインメントは他人の生活の覗き見なのではないかと思ったりもする。
  • 『悼む人』天童荒太 著
    天童荒太を読むのは「永遠の仔」以来。あれは泣けたなぁ〜と。で、今作。Amazonのレビューでは概ね評価は良いようなのだけれど、僕にはちょっと合わなかったなぁ。「芸のためなら女房も泣かす〜」みたいな。
  • 『鼻』『羅生門』『薮の中』『蜜柑』芥川龍之介 著
  • 『蠅』横光利一 著
  • 『山月記』中島敦 著
    「むかし読んだ本を再読してみようブーム」が少しあったのです。教科書で読んだものがほとんどですが、やはり「名作」として読み継がれるだけあるのだなぁ。といまさら納得。簡潔でありながら深淵。そして含蓄のあるものばかりです。
  • 『サウスバウンド』奥田英朗 著
    小説家とは嘘話を紡ぐプロ。と村上春樹はエルサレムでスピーチしていました。たとえば、この奥田英朗は最も胸の踊る嘘話を紡ぐ小説家の一人だろうと思います。こういう清々しい嘘話を語り続けられる才能はやっぱ偉大なのだ。

つづきます。

続きを読む >>
| 文中より抜粋 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by takk
| 1/4 | >>